常人の倍香辛料振る方です

もうすぐ四十路の主婦のブログ。夫と二人暮らし、ウサギのマメちゃんは月で別居中。

【ペットロス】あの日の事を振り返る

昨日のマメちゃんの記事をlea2usagiさんが

ブログで紹介してくださいました。

lea2usagi.hatenadiary.jp

紹介記事を紹介するのも変な話ですけど、

嬉しかったので!ありがとうございます!

 

すっかり立ち直ったみたいなエラそうな事

書いてますけど、まだ辛い日もあります。

正直な事を言うとあの日の事を思い出すと、

今もちょっと混乱してしまいます。

 

あの日の事

今、本当に普通の生活をしている自分と、

あの日の自分の感情に、あまりにも

隔たりがありすぎて変な感じになるんです。

分かってもらえるでしょうか…。

表現力がないのがはがゆい…。

 

もちろんこの平穏な日常を取り戻すに

至るまでは大波小波、色々な出来事を

経てたどり着いた訳で、突然今の状態に

ワープしたわけでもないんですけど。

 

でもあの絶望的なあの時の気持ちは、

いつでもどんな時でも突然戻ってくるのです。

それも徐々に遠くなって行くのかもしれませんが

今はまだリアルにあの時の感情が簡単に甦ります。

そんな時はとても苦しいです。

 

狂気と正気の境目って曖昧なんだなと思った

お葬式の日、火葬炉の扉が閉まる時

私は平日の夜(しかも9時頃)、静かな住宅街

だというのに大きな声で泣き叫んでいました。

 

ちょっと変わり者とは言え、もうすぐ不惑

おばさん、そんな事してはいけないという

それぐらいの常識はあります。普段は。

 

泣き叫んだ直後にハッと我に返りました。

夜の住宅街で叫んではいけないと。

そして待合室で火葬炉を見ていたら

あんなところにマメちゃんを入れるなんて!

と思って、訳の分からない事を叫びました。

 

叫んでしまってから、自分でも

何を言ってるんだろう…と思いました。

明らかに普通でない事を言っているけど

その時は本気でした。

 

www.spicy-mameko.com

この時の話です。

 

ああ、これが錯乱状態って言うやつなんだなと

冷静な自分は思いました。

そう思った次の瞬間はまた、

意味の分からない事を言ったりしたり。

 

夫が私の正気を疑うのも仕方のない事ですね。

普通に戻れてよかった…。

本や映画で見る狂気は自分からは遠い所に

ある話だと思っていたけど、違うんですね。

誰でもきっときっかけさえあれば

簡単にそうなるんですね。

 

会社の後輩が一度、錯乱状態になった時に

居合わせた事がありました。

彼女の家族から呼び出されて

事情を聞かれたりして、

その時はけっこう大変でした…。

 

そんな身近な人にも起こりうる事なのに

どうして他人事だと思っていたの

だろうかと不思議に思います。

 

だから何って言う事は無いんですけど、

マメちゃんは本当に私達に色んな事を

教えてくれたな、と思います。

前よりも少しだけマメちゃんの死を冷静に

受け止められるようになって、

改めてそう思いました。

 

家にいる時から天使みたいだったけど、

マメちゃんは本当に天使になっちゃったんだね。

アラフォーのおばさんが天使とか言っちゃー

いかんかな …(~_~;)

 

とりとめのない話になりましたが、

あの時はなんとか乗り越えようと必死で、

藁をもつかむ思いでブログを書いたり、

ペットロスの本を読んだり、

アドバイスして頂いた事、何でもやって

私達がんばったなーって思いました。

自分に優しすぎてゴメン(>_<)

「人に厳しく、自分に優しく」

がモットーのよねこでした!

 

 

なんとかこの事態を乗り越えようと

必死でやった事の話

 

www.spicy-mameko.com

 

www.spicy-mameko.com