常人の倍香辛料振る方です

もうすぐ四十路の主婦のブログ。夫と二人暮らし、ウサギのマメちゃんは月で別居中。

歩き読書は危険!でも気持ちわかる!と、図書館の予約システムのこと。

エイターママさんのこの記事を読んで、

お嬢さんに共感しまくってしまった

ダメな大人のよねこです( ;∀;)

www.mamahiroba.com

ほとんど絡みがないのに突然

言及してすみません(;^_^A

ご迷惑でしたら削除いたしますので

ご連絡ください<(_ _)>

 

歩き読書は危険、でも読みたい気持ちわかる

わかるわかる!!私もそうだった!

話しかけられても本読んでる間は

全然気づかないし、暇さえあれば

本読もうとしていたし(今でもですが)

一番心配されている歩きながらの読書、

やっていました!!

 

さすがに階段で本を読んでいた記憶は

ありませんが…。階段はすごいよね!

 

小学生のころ、学校からの帰り道

毎日一緒に帰っていた子たちの中で、

最後から3番目のうちだったんですよ。

 

なので基本的には友達と一緒なので

毎日ではありませんでしたが、

たまに家より遠い子が休みだったりすると

一人になるので、これは…!

って読み始めるんですね。

 

他にも通学じゃなくて、友達の家に

遊びに行った帰りとかにも

やっていましたね~。

 

今思うとハラハラします。

田舎だから車通りは大した事ないけど

通らないわけではないし、

最近はあまり見ないけど

大きな側溝があってかなりの勢いで

水が流れていました。

 

昔、そこで溺れて小さな子が

亡くなる事件もありました。

 

ゾッとしますね。

よく何もなかったな…。

 

ですが、ある時私はパッタリと

歩き読書をやめました。

 

その理由はゆっくり歩きながら読むよりも

急いで目的地まで歩いてから読んだ方が

早く読めることに気づいたからです。

 

けっして危険だからとか思ったわけでは

ない、なんとも間抜けな話なんですが。

 

でも、本当に危ない話ですよね。

今生きていることが奇跡だわ。

もしも母が気づいていたら

半狂乱になっていたと思います…。

 

歩きスマホ同じなんですけどね。

歩き読書だと危ないなとは思うけど

微笑ましいと思われそうな気がします。

ホント、一緒なんですけどね~。

 

最近の読書の話

 

今は真田太平記と居眠り磐音シリーズを

交互に読んでいます。

真田1冊に対して磐音1冊のペースです。

 

間に他の本もはさみます。

昨日は予約していた本が

沢山入って嬉しかったです(*'ω'*) 

 

最近面白かった本はこれ。

 

篠田節子さんの長女たち。

これが怖くてリアルすぎて、

不安を掻き立てられるんだけど、

最後はいい感じに終わってくれるので

安心して読んでください!

 

名古屋市図書館の予約システムのこと

名古屋市図書館は、市内のすべての

図書館の本が予約できるシステムがあります。

政令指定都市はたいていそうだと思います。

 

そのシステムに一つ不満があるのです。

 

予約すると、各図書館から

ピックアップされた本が一度、

鶴舞中央図書館へ集まり

そこから各図書館へ再配布される

仕組みのようなんですね。

 

私のいつも利用している図書館に

在庫があっても、他の図書館から

取り寄せることになるので、

予約状況を確認すると、”輸送中”に

なっているんですけど本棚には

並んでいるという事があります。

 

たぶん、在庫数が一番多い図書館から

送られてくるのじゃないかと

よねこは思っています。

 

これ、何とかならない物かと思っています。

早く読みたいので申し訳ないと思いつつ

窓口で、今輸送中になっているけど

あったので借りてもいいですか?

と言って借りています。

 

すると窓口のお姉さんやお兄さんが

キャンセルしてくれます。

輸送中になるともう、マイページから

キャンセルができなくなるのです。

 

また元の図書館へ戻っていくまでに

その本は数日浮くわけですよね。

借りたい人がいるかもしれないのに…。

申し訳ないけど、でもすぐに読みたい!!

 

図書館のスタッフだって無駄に本を

探してこなくちゃいけないし、

輸送はきっと一冊いくらじゃないだろうから

お金は関係ないとは言え、不要なものを

運ぶなんてもったいないよねー!

 

きっと、こういう事しょっちゅう

あると思うんですよ。

よねこだけじゃないと思う。

 

そもそも在庫があるなら予約しないで

すぐ図書館へ行けばいいかもしれないけど

わざわざ行ったのにタッチの差で

借りられてたとかいやなので…。

 

この前、夫と居酒屋でそういえばさ~と

この話をして図書館の予約システムについて

酔っぱらいながら話し合いました。

 

2時間に及ぶ話し合いの結果、たぶん市は

わかってこの仕組みを継続しているので

あろうという結論に達しました。

 

どの段階でどういう指示が出されて

システムがどう判断するかを

何の根拠もないけれど、きっと

こうだろうと予想したりしました。

 

めっちゃ楽しかった!

何の責任もないしね~(*'ω'*)

でもけっこう真実に近い気がします!

 

この欠点は承知しているけど

今度システムの改修をする時まで

このままで行こう!という話に

なっているのじゃないかなっていう。

 

ご意見メールをするまでもないよな~。

けど、メールしようと思っていたけど

すっかり忘れていました。

 

このあと、メールしてみようと思います。

貴重なご意見ありがとうございます、で

終わりかな…( ;∀;)

 

無責任にいろいろ想像するのって楽しいよね!

答え合わせができないのが残念です。

 

よねこの本当にどうでもいい、

本にまつわる話でした!

 

www.spicy-mameko.com

www.spicy-mameko.com