常人の倍香辛料振る方です

もうすぐ四十路の主婦のブログ。夫と二人暮らし、ウサギのマメちゃんは月で別居中。

つくねさん、はじめてのへやんぽ。へやんぽやうさんぽについて。

つくねさんのへやんぽ、
可愛いすぎて困るよ!

土曜日、待ちに待った

へやんぽデビューの日。

お迎えから一週間です。

 

f:id:mamekousagi:20190401135139j:plain

つくねさんのきめポーズ

 

へやんぽとは、お部屋の中を散歩する事です。

ちなみにうさんぽと言うのは、外で

ウサギさんを散歩させることを言います。

うさんぽについての見解は後ほど。

 

子ウサギのへやんぽデビューの
タイミングについて

 

f:id:mamekousagi:20190401135150j:plain

お迎えして一週間はケージの中で

過ごさせてあげるのがよい、と

どのウサギの飼育本を読んでも

必ず書いてあります。

 

マメちゃんとつくねさんしか

サンプルが無いので、

それが正解かどうか

私には分かりません。

 

が、確かにへやんぽは

子ウサギにとって楽しい以上に

初めは怖いというのが

正直な感想でしょうから

家の環境に慣れる前にやるのは

かわいそうなんだろうなと思います。

 

飼い主にとっては部屋を走り回るうさぎは

めっちゃ可愛いし、なんとなくケージに

閉じ込めておくのは可哀そうな気がして

早く出してあげたい!と思うでしょう。

 

私もそう思う~!

 

けど、やっぱりウサギは臆病な生き物で、

出して初めにあちこち探検するのは

安全確保のための様です。

警備してるんだって!

 

だから不必要に広い空間を

うさぎが動き回れるようにするのは

うさぎにとってはストレスなのだそうです。

楽しそうに見えるけどね~?

 

f:id:mamekousagi:20190401135146j:plain

主治医の先生の見解です。

 

うさぎさんの性格や飼い主さんが

上手に誘導してあげられるかどうか

などでまた違ってくるかとは

思いますが、私はあまり自信がないし

少なくともマメちゃんはものすごく怖がり

だったのでそれが正解な気がしました。

 

徐々に動ける範囲を広くしてあげるのが

良いとされています。

 

そして興奮しすぎて体調を崩しかねない

そうなので一時間ぐらいに…というのも

育児本に書いてあります。

とりあえずそうしています。

 

次第に私がいる間はほとんど

外に出ている事になるのでしょうけど。

 

へやんぽの準備

サークルは必需品だと思います。

何にもない部屋を用意してあげられれば

良いんだけど日本の住宅事情、

なかなかそれは難しいですよね。

 

当たり前かもしれないけど、サークルの

中には安全な物しか置かない。

うちではわらっこ倶楽部のかまくら

キャリー、そしてぬいぐるみを

今回は設置してみました。

 

f:id:mamekousagi:20190401135135j:plain

キャリーは病院などへ行くときに

少しでも慣れるよういつも入って

遊んでもらうように…と思って出してあり、

遊んでもくれるのですが病院に行くときは

察知して入るのを拒絶します。

なんでわかるんだろう。

 

ぬいぐるみは、綿を食べてしまうと

危険なのでかじるようなら取り上げる

つもりで置いてみました。

が、まったく興味を示さず。

 

マメちゃんは何でもとりあえず齧る子

だったのでぬいぐるみなんてとんでもない!

という感じでした。ウサギとぬいぐるみの

共演って夢ですよね~(*´ω`)

 

つくねさんはどうかな。

ぬいぐるみに添い寝とか

してくれたらたまらないよね!

 

あとは滑らないように敷物があると良いと

思いますがうちではまだコレだ!

という物に出会っていないので

何か良いものがあれば教えて下さい<(_ _)>

 

 

 つくねさんの初へやんぽの結果

 走り回ってとても楽しそうに見えました。

すごい勢いだった!

f:id:mamekousagi:20190401135131j:plain

かわいい!目にもとまらぬ速さ!

 

ですが、ケージの中ではしょっちゅう

垂直ジャンプやツイストジャンプ、

バッタン寝を繰り返しているのに

外では走り回っただけでした。

 

垂直ジャンプもバッタン寝も

気分の良い時にやります。

垂直ジャンプってホント、かわいい!

だって、前には進まないんですよ。

ただその場で跳ねるだけ。

無駄な行動って愛おしいよね(*´ω`)

 

やっぱりまだ、怖いのでしょうか。

早く慣れて外でもゴロゴロ

してくれるといいなー!

 

うさんぽについて

うさんぽ、うさ飼いみんなの夢ですよね。

でも、先生はうさんぽは不必要だと。

外敵(カラスなど)に襲われる危険性、

ツメダニ感染の危険、異食、

また予測できない行動による事故。

等々、危険が一杯であるとの事。

 

でもうさぎは持久力も無くて

そんなに激しい運動は必要ない、と

言うより出来ないのだそうです。

 

必要性もないのに危険にさらすのは

いかがなものかと思いますよね。

 

でも、気持ちわかる。可愛いもんね。

よそのウサギさんと触れ合ってる姿も

可愛すぎうらやましいよ!

 

そもそも上手にウサギさんをコントロール

出来ないよねこがうさんぽなんて

絶対無理なんだけどね。

 

先生はうさんぽよりも断然、

ベランダなどでの短時間の

日光浴を推しています。

 

うちのベランダ、下の隙間が

広いのと、柵がちょっと低いので

べらんぽは残念ながら難しいのです。

仕方ないのでたまにケージごと

ベランダに出しています。

 

ところで主治医主治医って言ってるけど、

じつはまだ一度も先生につくねさん

会った事ないんですよね。

もうしばらくしたら顔見せ兼ねて

爪切りに連れていくつもりですが。

 

もうしばらくへやんぽは

1日1時間制限を続けるつもりです。

でも、夫も遊びたいだろうから

昼間は我慢!

つくねさんの横で今日も

ブログを書くよねこでした(^^)/

 

f:id:mamekousagi:20190401135142j:plain

 

第一弾、第二弾はこちら

www.spicy-mameko.com

www.spicy-mameko.com