常人の倍香辛料振る方です

もうすぐ四十路の主婦のブログ。夫と二人暮らし、ウサギのマメちゃんは月で別居中。

よねこはおならの神様に愛されている!と確信した話(迷惑!)

本日は若干重い話になるので、

軽いおなら話を楽しみたい方は

こちらへどうぞ~。

www.spicy-mameko.com

 

さて、何から語ればいいのか…。

どこから書いたらよいのか…。

途方に暮れるよねこです。

 

考えても正解が分からないので

この深夜のテンションで

全てを正直にさらけ出すことにします。

ちょっと痛い話もあるので

痛みに弱い方はお気をつけ下さい。

 

この日の事を自分のために記録しておきたい

と言う気持ちもあり、詳細に書くつもりです。

 

事の始まり(第一オナラ)

夫が自宅で転んでけがをしました。

まだ心の整理が出来ていないので

この辺りは割愛します。

ていうか、かっこ悪すぎて

かわいそうなので内緒にするよ!

 

命にかかわるようなケガではありません。

決しておならが臭すぎてケンカになって

怪我をしたわけではありません。

誤解の無い様に…それだけは!

 

血まみれの夫と救急車に乗り込み

数軒の病院に受け入れを断られ(仕方ないよね)

若干自宅から遠い病院へ搬送されました。

医療関係者には本当に頭が下がります。

ありがとうございました。

 

処置してもらう間、救急の待合室の

椅子に座って不安な時を過ごしていました。

すると、どこからかなんだか嗅いだ事のある

懐かしい香りが漂ってきました。

 

懐かしさとともに例えようもない

不快感が私を襲います。

 

これは…!まぎれもなく...

おなら!!

 

見ると後ろの椅子に座っていた

小学生の男の子が(骨折したみたい)

パジャマ姿でお母さんに

「おならしちゃったー」

と申告していました。

 

やっぱり他人のおならは臭いっていうか

もちろん夫のおならも臭いけど

なんだかものすごく、より一層、嫌な気分に

なるものだという事が分かりました。

 

他人の前ではおならはしないように

しようとよねこは思いました。

え?当たり前?でも意外とする人

いっぱいいるよね!

 

そうこうしている間に、処置が終わって

先生が説明に来てくれました。

 

数針縫い、もちろん命に別状はないけど

後遺症は残るかも…と言う話。

どこまで機能が戻るかは今は何とも…と。

 

ただ、それが金曜の夜中の事だったので

ひとまず自宅へ帰されました。

月曜に検査をしてそれから、

手術になると思いますと。

 

不安を抱えつつもタクシーを降りて

マンションの入り口のあたりで

夫が痛いと叫びます。

傷口が開いたようで、包帯でぐるぐる巻きの

腕から血がボトボトとこぼれ落ちます。

ごめんなさい、気が動転しているので

痛そうな話許して下さいませ!

 

病院へ電話すると、清潔なタオルで押さえて

30分ぐらいしても止まらないようなら

来院を考えてくださいと指示されました。

 

不安な一夜(オナラ小休止)

少しすると血は止まりました。

眠ったか眠らないかわからないうちに

夜は明け、不安のうちに朝を迎えました。

 

夫はちょっと動くと激痛が走るようで、

吐き気もあり食欲もないようでした。

 

とりあえず、今できる事はくだらないテレビでも

見て笑って、この土日を乗り切る事だ!と

GEOに走りゲームセンターCX

(夫が大好き有野課長)や、

アントマン&ワスプ

(ミニチュア好きにはたまらない)の

DVDを借りてきて、ゴロゴロしながら見て

ニヤニヤして二日間やり過ごしました。

あと、ジュマンジもみたよ。

童心に帰れるのが良いよね。

 

 この土曜、本当なら私の誕生日プレゼントを

夫のお父さんとお母さんが買ってくれる

(もちろんサプライズですが暗黙の了解)

予定で名古屋で待ち合わせしていました。

 

もちろん、そんな事になったので無期延期。

代わりに高級肉とお母さんチョイスのバッグを

届けて、父母ははやてのように去ってゆきました。

ちなみにバッグはとっても気に入りました( *´艸`)

おかあさん、オシャレなんですよ。

見習いたい!

 

そして肉おいしい!

やっぱり落ち込んだ時は肉だね。

セロトニン万歳!!

 

怒涛の一日(第二オナラ)

そして今日。あれが今朝の話だなんて

信じられないけど今朝、6時に起きて

朝イチで病院へ乗り込みました。

 

大きな病院なので、沢山の患者さんが

我先にと受付へおしかけます。

 

受付開始よりも早くついていたので

受付の前の椅子に座って待っていると

ブザーの様な音が鳴り響きました。

 

まぎれもなくその音は…おなら!!

他のみんなは騙せても、この私は騙せない!

ブザーじゃなくておなら!!おじいちゃん!

 

あんなすごいオナラを繰り出して

平然としているおじいちゃん、

カッコいいよね!!でもくさい。

 

くさいなーと思っているうちに受付開始。

オナラおじいちゃんに先を越されました。

オナラレベルの差があるから仕方ないね。

 

そんなこんなしている間に診察の

順番が回ってきました。

 

そして傷口オープン。

看護師さんたちが

「奥さん、気分が悪くなって倒れる人も

いるから外で待っていたら…」と

勧められましたが大丈夫だと思うので

ここにいていいですか?と居座りました。

 

実際別に何ともありませんでした。

 

先生が何人もかわるがわる来て、

あーだこーだしているうちに

今日明日中に手術だね、と。

 

そして手術室がおさえられたとのことで

即日手術に決定!

 

近日中に手術なのは覚悟していたけど

まさかその日に入院とはねー。

今日は日程の調整と検査ぐらいかなと思っていた。

 

でも手術日以外は夫と大体こんな感じかなと

話していた回復スケジュールが驚くほど

ピッタリだったのでちょっと自慢。

 

部屋に案内されて(ホテルみたいね)

手術までの時間に慌てて荷物を取りに自宅へ。

15分ほどで荷物をまとめてとんぼ返り。

レーニング箸みたいなのの大人用を

探したけど見付からなかったので、

スプーンとフォークの使い捨てを買い病院へ。

 

もう、読み返す気力もないので

先に書いたか不明ですが 

夫が怪我したのは手です。

リストカットとかでもないので

心配しないで下さいね。

 

そう、指が動かないのです。

手術は腱と神経をつなぐ手術です。

しかも利き手…。左利き。

運がよかったのは、書くときは

右に矯正されていた事。

不幸中の幸いだよね~。

 

他にも夫は右手にはシャントが

あるので色々大変です。

採血や点滴は足から…。

痛いよー(/o\)

 

手術は無事に終わりました

そこからえーそんな今日なの!?

って夫の母も私の母も隣の県から駆け付け

3人で手術が終わるのを待ちました。

 

夫の母と私の母、顔を合わせるの

3回目かな?そして5年ぶり。

 

3人でサロン(談話室で)ワーキャーしました。

夫には悪いけど、めっちゃ笑った。

不安を打ち消すためと、お互い気を遣ったから。

おかげで楽しかったし、不安な時を一人で

過ごさなくて済んで助かりました。

 

伝達麻酔と言う、意識のある状態でする手術

…意識のある5時間半って長いよね。

先生はもっと大変でしょうけど…。

 

全部の指の腱が切れていたそうです。

ともかく事故なく無事に終わってよかったです。

夕方から手術で、10時過ぎに終わって

帰ってきてまだアドレナリン出まくっていて

眠れないよねこ、今その状態。

 

こういう日の事を書き残しておきたい

気持ちも手伝って、どこで終わらせたら

良いのかわからなくなっています。

 

 

改めてよねこたちはいい夫婦だなと思った

 

もし、後遺障害が残ったら障碍者手帳

もう一冊貰えちゃうんじゃないなんて、

冗談を言って笑う私たち、改めて

いい夫婦だなって思ったよ(*'ω'*)

 

あと、転んだのは夫の不注意だけど、

私が責められる原因が無くもなく、それでも

お互いに相手を責める気持ちがない所が

えらいと思うんだよね、エヘン<(`^´)>

 

ちなみ夫はすでに1級の手帳を持っています。

 

正直な気持ちを言えば、何も悪い事は

していないのに子供のころから手術ばかりで

やっと人並みにそれなりに健康で(一病息災って

やつですね)落ち着いた生活を手にしたと

思ったのに、なんで俺ばっかり…っていう気持ちは

絶対持ってると思うし、私もそう思う。

 

間違いなく私の方がよっぽど不注意な人間で

いつもワー!ギャー!しまったー!たすけて!

って言ってるのに大けがも大病もしたことない。

慎重派の夫がなぜ…。とも思う。

 

人生って色々あるよね。

 

それでも夫は運が良いと思う。

こんな目に遭って運がいいはずないだろーって

思うかもしれませんが、でも夫は運がいい。

 

不運な目には遭うけど、

ちゃんとそれを乗り越えてきた。

ビックリするほどの幸運な出来事が

実際彼にはあったと私は思う。

きっと今回も大丈夫だと思う。

 

リハビリ大変だと思うし、

もしかしたら奇跡的な回復をする

かもしれないけど程々かもしれない。

 

それでも夫はたぶん自分に出来る事を

腐らずに着実にこなす人で、

そういう人は、どんな事もいつか

乗り越えられると思っている。

 

どの程度まで機能が回復するか、

不安でないと言えばうそになるけど

まあ、なるようになるよね。

 

最悪ご飯は手づかみすればいいし、

一緒にいる時間は私が左手の

代わりをすればいい。

 

家から遠いと思った病院、

通うの大変だから転院…なんてことも

考えたけどよくよく考えたら夫の会社へ

行くにはとても都合のいい場所。

午前中リハビリして、会社へ行ける。

 

そんなダンナをまだ働かせるのかーって

言われると返す言葉がないけど、

夫もそれを望んでるしね。

 

ダメならよねこももちろん考えるよ。

デスクワークなのでまあ何とかなる

だろうと思っています。

キーボードも片手で打てなくないしね。

 

どの程度回復するかは全く分かりません。

希望を持たないわけじゃないけど、

そこまでの期待もしていない。

どんな状態でもその状態で出来る

最善の事をしていこうと夫と話しました。

 

夫のそういう所、好き。

夜中に泣いても一緒に泣いてあげるよ。

おもしろい話もしてあげる。

 

 

こんな特別な時に要所要所でオナラを嗅がされて

オナラの神様に愛されているに違いないと

確信したよねこですが、ここ数日

おならの出が悪いです。

 

やっぱりオナラは元気のバロメーターだね。

頑張って良いオナラを出せるよう、

よねこは英気を養います(^^)/

 

心配は無用だよ。

よねこは、オナラの神様に

愛されているからね(^^)/

それではまた!