常人の倍香辛料振る方です

もうすぐ四十路の主婦のブログ。夫と二人暮らし、ウサギのマメちゃんは月で別居中。

こんな時はデスパレートな妻たち

今日も涙が止まらない一日です。断捨離をする気力も起きなかったので大好きな海外ドラマのデスパレートな妻たちを見ています。今日はファイナルシーズンの8をみています。何度見ても面白いんですよね。笑ったり泣いたり暗い気持ちになったり忙しいです。

マイクのお葬式が済んだところでちょっと休憩。デス妻の舞台のウィステリア通りでは、まあ本当によく人が死ぬんですよ。圧倒的に殺人が多い!米花町並みです。(名探偵コナン君の住む街)

物語はメアリーアリスの自殺で幕を開けます。そしてずっとメアリーアリスの語りがナレーションになっています。それがまた、感動的だったり不安を掻き立てられたり。今回のマイクのお葬式の回はそれはそれは泣ける回だったんですけど、

そう、死はただ奪うばかりでなく生きている者に
何が大事なのかを教えてくれる
もらい尽くしたら、お返しせねばならない事
素直にならなければ大事な人を取り戻せない事
自分の原点が何かを思い出すこと

 

とちょっと感動的な感じに仕上げた最後に

でも、人の死が生きている者に残すものは
望ましい物ばかりとは限らない

と来ます。前半はマイクが残した素晴らしい思い出の事。後半はギャビーの義理の父親アレハンドロとブリーの元夫のオーソンが残した殺人の疑いと証拠の事ですね。結末を知っているのにどうしてこんなに面白いんだろう~!ラストまであと十数話!ってとこなのにまだまだ事件が盛りだくさん、収束するのか不安なレベルに色々起こります。(ワンシーズン23話ぐらいが普通です)

シーズン8も名シーンばかりなんですけど、ロイが前の奥さんを亡くした時の事を語るシーンがとっても印象的です。結婚40周年の二週間前に脳腫瘍で亡くなったそうですが、涙を流しながら「ご褒美だよ、ちゃんと看取った証」だと言います。相手が長くないとわかったら「そのうち」なんてない事にやっと気づく…と言う様な話をしています。

やっぱりさ、心の準備の期間が欲しいよね。長くないってわかってから、一週間やそこらはちゃんと意思疎通できる状態でいてほしい。マメちゃん、急すぎるよ。やっぱりまだまだ全然心の整理できてない。私は夫をちゃんと看取る事が出来るのかな…夫が先の前提の話になっているけど出来れば私がの方が良いんですけどね。でも平均寿命は女性の方が長いし私の方が3つとは言え年下だし。

前に温泉で見知らぬ女性にご主人をなくして10キロ痩せたって延々泣かれたことがありました。辛いよね…でもちょっと困ってしまった…。周りにああいう思いをさせるのはイヤだな。難しいところですね。ブログはギリギリ大丈夫かな…。夫は私が突然泣き出すととりあえず笑うけどそろそろもう少し気を使った方が良いでしょうか…。