常人の倍香辛料振る方です

もうすぐ四十路の主婦のブログ。夫と二人暮らし、ウサギのマメちゃんは月で別居中。

笑ったクレーム、腹立たしいクレーム、クレームに対する私の考え方

昨日はまたまたクレーマーよねこが出現してしまい、
不快な思いをされた方もいらっしゃるかもしれません…。
皆大好きムジ様の悪口めいたことを書いてしまったのですものね。
申し訳ございません…。許してね!

私も過去にクレーム対応をしていたことがあります。
専門の仕事ではありませんでしたが、
それでも仕事の合間に毎日30~40件ぐらいは
クレーム処理していました。…いや間にっていうよりは
電話が繋がる時間帯はクレーム対応、
終業時間からがから自分の仕事…ていう感じでしたね。

仕事で毎日午前様は当たり前の会社でした。
日付も変わったし帰るか~!みたいなね。
不満ももちろんあったけど楽しかったです。
会社が家みたいになっていた。

問屋だったので基本的には会社が相手なのですが、個人向けの発送も
行っていたので、色々なジャンルのクレームを受けていました。
その頃に笑ったクレームをほんのり濁して書きたいと思います。

 

電話番号が長い

クレームの内容は忘れましたが、すごい剣幕で怒る
年配の女性に電話番号を伝えると
「電話番号が長い!」と長々と怒られた事があります。
「申し訳ございません、電話番号の桁は
変える事ができないものですから…」と謝罪しました。
ていうかその電話番号にかけて来てるんですけどね今、あなた(笑)

そしてその方の電話番号をうかがうと、
何度聞いても一桁足りません…。
それは会社の電話番号が長いと思うのも納得ですね。

その女性、人の事を呼び捨てにするのです。
そしてひとしきり言いたい事を言うと
「わかったか、よねこ~(苗字)!」と叫びます…。
何度かかけてきたので、私がいないときは他の子も
「わかったか~〇〇~!」と怒鳴られていたそうです。
こわいよ~。もうあれから何年も経ちますが
今でもこのクレームの事を思い出すと笑えて仕方がありません。

冷凍の蟹が玄関に放置してあった

そんなはずありません。
いくら何でもあの評判の悪い運送会社でもさすがにないわ~。
と思いながらも判取りをファックスしてもらうと
ちゃんとサインがあります。

痴呆かなにかでアレなのかな…と思いましたが、
とりあえずこのクレームは運送会社とお客さんとの
問題なので運送会社に丸投げしました。

結果、どうやら離れに住む兄弟ととても仲が悪いらしく
受け取った兄弟が放置したいうのが真相だったそうです。

この場合は普通は弁償は無いと思います。
ですがなんやかんやで運送会社がうるさく言われて
私のいた会社と半々でどうかと言ってきました。
でもそんなのおかしい!のでお断りしました。
すると結局運送会社も強気に断ったようで
なんとか一件落着…と思ったらそのお客さんから
また電話が入りました。

お客さんはこんな腐ったカニ置いとかれても困る!
と運送会社に持って帰らせたそうなのですが、
ソースぐらいは置いて行け!とのことでした。

家族の仲が悪くて起こるクレームはよくありましたが、
まさかソースを置いて行けと言われるとは!
もちろん運送会社にお願いしました(*_*;

圧力鍋が開かないのでご飯を入れたまま返送しても良いか

と問い合わせが!なんと!腐ったご飯が送られてくる!のは避けたい!
と言うわけで天下のジャパネット様よろしく、同じ商品を片手に
(直送商品がほとんどの中、たまたま自社に在庫があって良かった!)
がんばって開けてもらいました。

こんな開けにくい…不良に違いない…とずっと言っていました。
う~ん…微妙なところですよね。確かに圧力鍋って開けにくいものが
多いけど、やっぱり高い物はすんなり開く気がする…。

まあ、個人や会社が特定されたりはしないと思うので
書いてしまいますがカタログギフトのクレーム処理でした。
カタログギフトってたいてい何かのお礼…香典返しや
結婚式の引き出物…等々自分が包んだ金額に見合ったコースのものが
贈られますよね…。大体の金額の目安は付くと思います。
もちろん安いんだから文句言うな!と言う様な気はありませんが…。

結局何やかんやしてもらううちに蓋は開きました。
不本意ながら結局他の商品に交換することになりましたが、
腐ったご飯を処理せずに済んでよかったです( ˊᵕˋ )

帰ってきた圧力鍋をメーカーに返す前に
確認しましたが普通に開閉出来ましたけどね…(-_-;)

カレーが辛い

中辛のカレーが辛いとのクレームがありました。
私も食べた事がありますが、別に普通でした。
こんな辛いカレー食べた事がない、
孫に食べさせようと思ったのに…こんな辛いカレー
中学生に食べさせたら体に悪い云々かんぬん…
もう面倒だから交換してしまおうかと迷いましたが
(その辺は社員の裁量に任されていました)
ごね得がまかり通るのはイヤだ!と
思ったので頑張って断りました。

おそらくただ、カレーが気に入らなかったんだと思います。
カタログギフトで選んだ商品についての
クレームなので、後になってから他のものが
よくなったのだと思います。

気持ちはわかります。でもたいていの人がもう届いちゃったし…
とあきらめますよね…。私はそれがイヤなので
申し込みをした時点でカタログを処分することにしています。
迷いを断ち切る!!!!!

ごね得は自分が得する話でも許せない

私はごね得が許せないです。
大人しくて良識のある人が損をするのが本当に嫌なのです。
私は気に入らないと言ってしまう方だけど、
言ったからサービスしてもらえるみたいなのはイヤです。

メンドクサイ人だと思われるかもしれませんが、
ごねたからお代はけっこうデスみたいな対応には
不信感を抱いてしまいます。

最初に不満をふわっと伝えた時はテキトーな対応だったのに
ちょっと強く言うと(私こわい…)突然土下座でもするような
勢いで謝罪して来たり、どう考えてもやりすぎでしょっていう
対応を提案して来たり…。
大人しそうに見えるからなめられるんですよね…。

会社の方に正義があると思うなら最後まで
毅然とした対応をしてほしいわ。

お金払うのがイヤなわけじゃなくて、
ただ納得がいかないから説明、もしくは
改善をしてほしいのだけど!と思います。

でも世の中には質の悪いクレーマーも多く居て
ちょっとでも得したい、立場の弱い人をいじめて楽しみたい、
と言うクレームも多いですよね。
身をもって体験しています…。
そういう人にはちょっと損しても早く追い払いたい!
と言う気持ちはわかります。

でもやっぱりいい人が損するのはダメだと思うんだ~!

だから本当に個人的な感情でやっちゃいけないと思いつつも、
すごくいい人には本当はダメなんですけど…って
こっそりと色々と対応してしまう事もありました。
口調が柔らかいだけで本当は良い人なのか
わからないですけどね。人は嘘をつくし…。

う~ん、今なら感じのいい人や弱気な人に対しても
同じ対応を貫き通すと思う。あの頃は若かったな。

でもクレーム対応はそんなに嫌いじゃありませんでした。
もちろん怒って電話をしてくるけど、普通に対応していれば
ちゃんと最後にはありがとうっていってもらえるので。
怒ってゴメンね、なんて言ってくれる人の方が多かったです。
一部の本気のクレーマーさんは除いて。

でもそういう明らかにクレーマー!な電話は皆で笑えるネタになるので
めんどくさいけどストレス解消になっていたのも事実です。

一番困るよくある問い合わせは、このコースは
いくらですか?と言う問い合わせでした。
売店によっては答えても良いという所もありましたが
贈り物の金額を教えるわけにもね…。
ネットで調べたらわかると思いますが…。
さらには私は香典をいくら包んだのに
このカタログギフトは安すぎるとか(笑)

では依頼主に確認いたしますね、と言うと大抵
いいわいいわ、という事になるんですけど。
なかにはそうしてくれと言うツワモノも!