常人の倍香辛料振る方です

もうすぐ四十路の主婦のブログ。夫と二人暮らし、ウサギもいます。

【スポンサーリンク】

専業主婦が言われがちなさりげない嫌味

【スポンサーリンク】

ワタクシ子供のいない専業主婦、なにかと肩身の狭い肩書でございます。
でも皆さん気を使ってくれて、大っぴらにバカにされたり、
怠け者だとか罵られたりした事はあまりありません。
あまりっていうか、ほとんど無いかな?
それも狭い人間関係の中で生きているからかもしれませんが。

とは言え、ごくたまにではありますが、さりげな~く
バカにされたりする事はある…気がします。

専業主婦が言われがちなさりげない「イヤミ」ランキング!

なんていうか、私、見映えが悪いせいかあまり女性陣の
メンドクサイ感じの諍いに巻き込まれることがありません。
たぶんね、同じ土俵にいると思ってもらえてないのでしょうね。
別に卑屈になっているわけではないのですよ。
もう違う国の人ぐらいに思われていると思います。
むしろ私にとってはその方が楽しいです。
色んな友達ができるしね~。

変わった服を着ていても、よねこちゃんはそういう服が
似合っていいよね~ってふんわり受け止めてもらえるけど、
これをあの子やこの子が着ていたら、おそらく
その日のうちに写真付きでどうなのこれ!ってラインやら
何やらが飛び交うんだろうな~って思う事があります。

「そういう服どこで買うの?」とズバリ聞かれる事もあり、
え?!そんなにひどい?と聞き返したことがあります(笑)
だって陰口で「ああいう服どこで買うんだろうね」って
言ってるの聞いたことあるもん!と主張したら
そういう意味だったら本人には言わない!と返され、
それもそうだと思いました。

そんな訳で、マウンティング…されてる人してる人は
見た事あるけど、自分がされる日が来るなんて思いもしなかった!
たぶん私は結婚して初めて”主婦”という
同じくくりになったんでしょうね、世の女性達と。

前置きが長くなりましたが、専業主婦(特に子なし)が
言われやすい嫌みランキングを発表します!

  • 私、ずっと家にいるって無理だわ~、尊敬する
  • 旦那さん、優しいね。よかったね。
  • 自分の時間があるってうらやましい!
  • 旦那さんのお金で私は服とか買えないな…

あ、ランキングになってない!順不同ってことでいいか。
このセリフ単体だと確実に嫌味で言ったかは判定できませんが、
その前後の文脈からこの辺のセリフは大体が嫌味です。

「自分の時間があるってうらやましい」に関しては
本心から言っている場合も多いと思います。
これは私のとり方が卑屈かも…。
でも確実にバカにして言ってくる人もいますのでね。
前後の文脈からちゃんと振り分けします。

他2つのセリフは例え本心であったとしても
言われる人の気持ちを考えたら言いませんよね(^-^;
よっぽど仲が良かったら別ですけど…
それにしても良かったねって何様のつもり…?
私そこまで働くのイヤじゃないけど?

まあ、これらのセリフをそのまま受け止めれば
良いだけの話なのかもしれません。
尊敬されちゃった~( ˊᵕˋ )とか
旦那優しいって褒められた(^^♪とか?

あと、勘ぐりすぎの場合も多いと思いますが、
前後の会話と言い方によっては

  • 家事が好きっていいよね 
  • 毎日何しているの?

も、私はオヤ?と思う事があります。
そしてさらに発展すると

  • むなしくならない?

なんていう応用バージョンも存在します。
あれ?あまり言われないって最初に書いたけど、
私けっこうバカにされてない?
おかしいなぁ~( ˊᵕˋ )

私はむしろ働いていた時にむなしさを感じていたよ!
仕事がそれなりに好きでもあったけど、
いいように使われているなーとは感じていました。

今の主婦業は全部自分のため。もしくは家族の為。
それが虚しい事だと思うかどうかが専業主婦を
楽しめるかどうかの境目な気がします。
もちろん仕事だって家族の為でもありますけどね。

そもそも掃除が好きな人なんてそんなにいない
っていうか掃除が本当に嫌いな人もそんなにいない
…じゃあ主婦の適性って何だろう?

と、思うんですよ。
中には掃除が好きな素晴らしい人もいると思います。
でも多くの人は掃除が好きなんじゃなくて、
掃除が終わったキレイな状態が好きなんだと思います。
誰かがやってくれるならば私は掃除なんて一切しません。

家事が好きだと思うけど、家事そのものが好きな訳ではなくて
家事が終わって快適な状態にある家が好きなだけです。
もしくは家の事をコントロールで来ているという状態が
好きという事かもしれません。

あ~でも汚部屋を片したいとという欲望はあるかも…。
見ず知らずの他人の家でもピカピカにしてみたいという(笑)
ただし、ちょっと汚いレベルではいけません。
何年分?って言うぐらいの汚れをごっそり取ってみたい!
と言う欲望からダスキンの大掃除部門みたいなところで
学生時代に短期のバイトしたことがあります( ˊᵕˋ )

話がそれましたが料理だって、安くそれなりに美味しくて
体にいいものが食べたい、食べさせたいからするけれど、
それをやってくれるばあやでもいるならば料理もしないよ!

ごくごくたま~にすごく手の込んだ料理をするかも…?
いや、しないかな…(-_-;)

私は自分の仕事だしやらないと自分が不快だからやるだけで
特別、掃除も料理も好きなわけじゃない。
でも大嫌いっていうわけじゃないんですよね。
やりはじめたら楽しいっていう事もあるし。

掃除・料理したくない~!の根底にあるのはただ
”面倒くさい”という気持ちだけだと思うのです。
掃除や料理は特に好きじゃないだけで、
誰もが特別嫌いなわけじゃないと思うんだ。

でも私、粉をこねるのは大嫌いです。
パンは大好きだけどパン作りは大嫌いです。
この前友達と山の中にあるステキカフェのパン教室に
誘われましたが速攻断りました。
友達とだったら興味のない事でも楽しそうだから
他の事なら行ったと思います。
でも粉こねるのは大嫌いなの~~!
なんでかわからないけどあの感触が嫌なのかな…?

そういう風に掃除や料理が「本気で嫌い」っていう人は
そんなにいないと思うのですよ。
「そんなに好きじゃない」が家事が嫌いの真相だと思っています。

だから主婦と言えども、仕事だと思って
ちゃんと自分で決めた事をやれるという事が
主婦の最低条件…というか適性と言えると思います。

結局何が言いたの…?

 

さて、結局何が言いたいのかなって今考えているんですけど
結局は私が子供もいないのに専業主婦をしている事に
ほんのり罪悪感やコンプレックスを持っている、
という事なのかな~と結論付けました。

別に自分が無価値であるとかそんな事は思ってないし、
何かしなきゃっていう焦りがある訳ではありません。
でもちょっと体が弱め(弱いとは違う)なだけで
こんなに楽して楽しい事ばかりと言うのは、
ちょっと気が引けているのは事実です。
夫になにかあった時のことも考えていなくはないので
そこまでお気楽に生きているつもりもないですけどね。

でも人のほんの些細なひとことが気になるのは
自分がそう思っているから…なんでしょうね。
私はもう何かない限り、このまま生きて行こうと思っているので
ぼちぼちそんな気持ちに折り合いをつけたいなと思っています。

もうすぐ40なのにこんな事を考えてしまう
ちょっと情けないよねこでした( ˊᵕˋ )