常人の倍香辛料振る方です

もうすぐ四十路の主婦のブログ。夫と二人暮らし、ウサギもいます。

名古屋散歩・カレー幸には幸せが詰まっている気がする

昨日も夫くんと2人で散歩に出かけました。
今回は今池の中屋パンに行くのが目的でしたが、
なんと土曜定休でした。ちゃんと調べていかなきゃダメですね。
ただ、お散歩はあまり下調べをしないで行きたいのです。
ワクワク感がね、大事ですよね。
かわりにとってもステキなお店を発見する事も出来ました。

 発見した謎のカレー屋さん「カレー幸」

 

カレー幸、おそらく名古屋では有名というか伝説の店だと思います。
ただ、私は存在を知らずだれからもうわさを聞いたことはありませんでした。
見つけたのは散歩の途中。「なんだかカレー臭がする!」と思って
周りを見渡してもお店らしきものが見つからず不思議に思っていたら
目の前の廃墟のようなところのドアに「本日休業」の札がありました。
まさかここ、店?現役の建物なのここ??と目を疑いました。
ここ、営業しているようには見えないですよね?

f:id:mamekousagi:20180204091600j:plain


その後何度も通りかかりましたが営業している雰囲気がありません。
しかし昨日、看板が出ているのを発見しました!(割れてるけど…!)
そしてなんと一組の親子が順番待ちをしていたのです。
看板が出ていても入るのはためらわれましたが、
親子連れがいたので勇気が出ました(笑)

カレー幸、中はきれい

 入ってみると中も同じくらい古めかしい!(婉曲表現)
でも机や食器などは清潔そのものですので安心してください!
メニューはこの通り。古めかしい!!

f:id:mamekousagi:20180204092011j:plain

なんとカレー350円(税込み)!!私はカツカレーを頼みました。
女性にはエビフライと卵の何かがサービスで付きます。

カレーは家カレー系でボリューム満点!

 f:id:mamekousagi:20180204092154j:plain

おいしい!そしてボリューム満点!家カレー系です。(…家系?)
なんだろう、なんだかまろやかでコクがあってすごくおいしい。
こだわりのスパイス配合!とかそういう感じではなく
家のカレーをプロっぽくした味です。
ご飯もカレーのご飯と言えば少しかためで、パサパサのご飯の方が
合うと思っていましたがこのやわらかいご飯がすごくあっている!
そして量、多い!どこにも書いてありませんでしたが、
カレーはおかわりが可能なようです。
おかわりしている人をちらほら見つけました。

しかしこの値段と量、きっと長らく名電高校の生徒の
胃袋を満たして来てたんだろうなぁ…としみじみと思いました。
野球で有名な名電高校のすぐそばなのです。(イチロー選手の出身校です)

カレー幸には愛が詰まっている

 

お父さんとお母さん、息子さんで経営しているようでした。
常連さんが多くいるお店だけど、私たちのような新参者も
居心地がよくてとっても懐の深いお店だと思います。
お母さんとお父さん、すごく仲がよさそう!(息子さんも)
そして常連さんからすごく愛されているのが伝わってきました。
差し入れをもって来店する方もいらっしゃいましたよ。

そしてなんだかいいなぁと思ったのは、注文を厨房に伝えるときに
必要な情報はメニューと数だけだと思うのですが、
お母さん、必ず〇〇さんカツ、とか娘ハヤシ、とだれが注文したかも
付け加えるのです。ドレッシングかけてとかは伝えていたので
常連さんの「いつもの」注文があるからというわけではなさそう。
私たちの時もお兄ちゃんとお姉ちゃんカツ、と言っていたので(笑)
誰が何を食べたかが重要なんだろうなぁ…と。
なんだか愛を感じました。

カレー幸の場所

 駐車場はないのですが近くにコインパーキングもあります。
池下駅から15分ぐらいですかね。バスも通っています。
池下、千種、砂田橋駅から出ているバスで、
北千種3丁目というバス停で降りてすぐです。

住所:愛知県名古屋市千種区若水3-5-27
電話:052-711-3744

営業時間は不明ですが、昨日は13時ごろに「休業にしといて!」
とご主人が奥さんに言っていました。
カレーがなくなり次第なんでしょうね。

しかしこのお店、徒歩でなければ絶対に気づきませんでした。
やっぱりお散歩最強ですね。
インパクトでは長野のかけはしカレーハウスといい勝負です。
そのお店は別の意味ですごいインパクトなのです。
謎の貼り紙に埋め尽くされるお店…そう書くとやばい感じですが、
アート系です…これも婉曲表現?
あのお店、トンネルができてから行っていませんが、
どうなっているのでしょう…。春になったらまた行ってみたいです。

結局今池まで話がたどり着きませんでした( ˊᵕˋ )また次回に!